遺産分割の方法は色々あります。

現物分割

財産の一つ一つを相続人に分配する方法で、もっともわかりやすい方法ですが、同じものをほしがっている相続人がいる場合は、協議が難航することもあります。
現物分割

代償分割

相続人が目的の相続財産を得るために現金等で差額を調整する方式。
例えば事業継承で長男が会社を継ぐ場合で、自分の相続分を超えて株式を取得しなければならないときに現金で調整するケースなどが考えられます。

代償分割

代物分割

代償分割と同じような分割方法ですが、代物分割では差額調整に不動産や株式を用いる点が異なります。

代物分割

換価分割

相続財産を売却して、その現金を分配する方法。
現金に換えるので、公平に分割できますが、換金が困難な財産の場合はこの方法を使えません。また、換金をし譲渡益が出た場合にはかかる税金が増えてしまうことも考慮しなければならないでしょう。

換価分割

共有分割

不動産など、現実に分けられない財産に使われます。一つの物に対する所有権の持分を複数で共有しますが、将来、処分しにくいというデメリットがあります。

共有分割

色々な分割方法がありますが、分割方法を巡り各相続人の思惑で新たな争いを起こす場合もあります。遺言で分割方法を指定することもできますので、ご相談ください。