内縁・事実婚とは

内縁とは外形的に夫婦と変わらない生活をしているが、届出をしていないため法律的に夫婦とはいえない場合を指します。
婚姻の意思はあるが、

・婚姻適令ではない。
・再婚禁止期間である。
・相手方が法律上の婚姻関係を持っている。

など、届出ができないような要因があるものと説明されます。

なやむ夫婦内縁と似た言葉で事実婚というものがあります。事実婚は、積極的に届出を出さないタイプの共同生活形態と言え、内縁とは区別されます。(一部、事実婚は内縁関係に内包するという説明もあります)

内縁・事実婚の法的な保護

内縁も外形上夫婦と変わらない生活をしている以上、「婚姻に準じた特別の関係」であるという準婚理論があり、内縁関係を準婚関係とみる多数説によれば、内縁には婚姻に関する以下のような諸規定が類推適用されるといいます。

・同居・扶助・協力義務(民法752条)
・貞操を守る義務(民法770条1条)
・日常家事債務の連帯責任(民法761条)
・夫婦財産の共有推定(民法762条)
・関係解消の場合の財産分与(民法768条)

他方、事実婚については、自ら積極的に届出をしていないということもあり、法的保護を与えるのか否か争いがあります。
・憲法上の幸福追求権を根拠に内縁と同様の法的な保護をする必要があるとする学説。
・婚姻の法制度上の効果を望んでいない当事者に婚姻類似の効果を認めるべきでないとする学説。

内縁にしても事実婚にしても外形上夫婦同様の共同生活がある以上、法的な保護を与えなければならないのではないか、という向きがある一方、配偶者相続権、成年擬制、婚族関係などは認められていません。

内縁・事実婚は法律の明文で規定されている間柄ではないので、共同生活をする契約関係とみられる説あり、その契約上の権利義務を主張する過程で、類推適用などの解釈が生じたのだと思います。

届出が出来ない事情がある場合は別として、積極的に届出をしないことにより得られるものはなんだろう?実際に事実婚をしている方の話を聞いたことが無いので、賛否の判断は難しいですね。
今の民法は改正を経ているとはいえ、明治時代からある法律ですからもう古いのでしょうか。