入居者と連絡が取れないケース

おどろく男入居者と連絡が取れない事と、家賃の滞納は密接に関係しています。
私の経験上、家賃の振込が遅れがちであったり、滞納中であったりする入居者は連絡が取り難いです。
携帯電話にメッセージを残していても、折り返しの電話があることは稀です。
そのまま放っておくと、家賃回収の難しい入居者になってしまうので、一日でも遅れたら、連帯保証人とも連絡を取っておいたほうが良いです。
また滞納が発生した場合、家賃保証を利用している場合は速やかに保証会社へ事故報告をしましょう。

入居者が失踪したケース

立ち行政書士入居者と連絡が取れないばかりか生活している形跡がない場合、すでに部屋を出て行っている可能性があります。(ガス、水道のメーターを検針することで生活している形跡を調べることが出来ます。)

建物の明け渡しは賃借人の一身専属的な義務です。入居者に代わって連帯保証人が建物の明け渡しをすることはできません。
連帯保証人が家賃を払い続けてくれれば、賃貸人は満足かもしれませんが、入居の実態がない場合に連帯保証人が家賃を払い続けるのは不経済です。

連帯保証人が家賃を払い続けている場合も、前述のように入居者の失踪で生活の事実が無い場合は、賃貸人が入居者との契約を解除するための行動を起こさなければ、連帯保証人に不測の損害を与えてしまうことにもなりかねません。

失踪した入居者に契約解除の意思表示の通知が到達しない場合でも勝手に荷物を撤去することはできません。この場合は訴えを提起し、訴状を公示送達した上で被告欠席による判決で債務名義を取得し強制執行する事がひとつの方法として挙げられます。