法定相続人

相続法・家族法/////

以下のような親族構成の場合を例に、民法で定められた相続の順位を説明していきます。

相続人の順位

民法で相続人となる順位は次のように決められています。

  1. 直系卑属
  2. 直系尊属
  3. 兄弟姉妹

第一順位:直系卑属

直系卑属とは被相続人の子や孫、ひ孫のことを指します。下のイラストの囲まれた部分が直系卑属にあたります。
この場合は、配偶者と子2人が法定相続人となります。

代襲相続

相続発生時に子がすでに死亡している等で相続できない場合は孫が相続人となります。
左図の例では、相続時に子の1人がすでに死亡していて、孫が相続します。これを代襲相続といいます。

この時の相続人は、配偶者、子、孫の3人となります。
配偶者は常に相続人となります。

直系卑属の代襲相続は、続く限り発生します。
直系卑属となるものがいない場合にのみ次順位相続が行われます。

第一順位の範囲

第一順位とされる者は、実子だけではなく、養子離婚して元配偶者に引き取られた子婚姻外の子供で、認知を受けた子も第一順の相続人となります。

また「私権の享有は、出生に始まる」と民法で定められていますが、相続に限っていうと、「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。」とされていて、相続人としての権利を持ちます。
ただし、出生しなかった場合は、その相続は無かったものとされますので相続手続きを進めるにあたって注意が必要です。

第二順位:直系尊属

直系尊属とは被相続人の父母、祖父のことを指します。下のイラストの囲まれた部分が直系尊属にあたります。
第一順位に該当する者がいない場合は、配偶者と父母が法定相続人となります。

第三順位:兄弟姉妹

第二順位に当たるものがいない場合は第三順位のものが相続人となります。兄弟姉妹がすでに死亡しているなど、相続人となれない場合は代襲相続で甥、姪が相続人となります。第三順位の代襲は一代限りなので、甥、姪が相続できない場合でも次の世代は相続人となれません。

ここまでが法定相続人の範囲の基本的な内容です。
次回は法定相続人がその権利を失う場合について解説していきたいと思います。