都市計画制限

不動産/物件調査/重要事項説明
  1. ホーム
  2. 不動産
  3. 都市計画制限

都市計画制限について知っておこう

こんにちは!今回は、都市計画制限に関する基本的なポイントについてお話しします。都市計画制限は、土地の利用や建築行為に対してさまざまな制約を課すもので、これを理解することはとても重要です。具体的には、以下の7つの制限について解説します。

1. 促進区域内における建築等の制限

促進区域内では、建築物の建築などの行為に関して、特別な制限が課されます。以下の表に主な促進区域とその制限内容をまとめました:

区域法律制限内容
市街地再開発促進区域都市再開発法第7条第1項区域内で建築物を建築するには、都道府県知事の許可が必要
土地区画整理促進区域大都市地域住宅供給促進法第5条第1項土地の形質変更や建築物の新築、改築、増築には都道府県知事の許可が必要
住宅街区整備促進区域大都市地域住宅供給促進法第24条第1項
拠点業務市街地整備促進区域地方拠点都市地域整備法第19条第1項

2. 市街地開発事業等予定区域の区域内における建築等の規制

市街地開発事業等予定区域では、以下の規制が適用されます:

  • 建築等の許可(法第52条の2第1項):土地の形質変更や建築物の建設には都道府県知事等の許可が必要です。
  • 有償譲渡の届出(法第52条の3第2項、第4項):土地建物の先買いに伴う譲渡には事前の届出が必要で、届出後30日間は譲渡が禁止されます。

3. 都市計画施設等の区域内における建築等の規制

都市計画施設の区域内では、次のような規制があります:

  • 建築の許可(法第53条第1項):都市計画施設の区域で建築物を建築するには都道府県知事等の許可が必要です。
  • 対象施設:具体的には、道路、都市高速鉄道、公園、緑地、水道、学校、病院などが含まれます。

4. 都市計画事業制限

都市計画事業とは、市町村や都道府県が認可を受けて行う都市施設の整備に関する事業です。以下の制限があります:

  • 建築等の許可(法第65条第1項):事業地内で事業の施行の障害となる恐れのある行為には都道府県知事の許可が必要です。
  • 先買いの届出(法第67条第1項、第3項):土地建物の先買いに伴う譲渡には事前の届出が必要で、届出後30日間は譲渡が禁止されます。

5. 風致地区内における建築等の規制

風致地区は都市の景観を保護するために指定される区域です。ここでは:

  • 建築等の規制(法第58条第1項):建築物の建築、宅地の造成、木竹の伐採などが地方公共団体の条例で規制されます。

6. 地区計画等の区域内における建築等の規制

地区計画は、一体として良好な環境を備えた街区を整備するための計画です。ここでは:

  • 建築等の届出(法第58条の2第1項、第2項):土地の区画形質変更や建築物の建築には、市町村長への届出が必要です。
  • 建築等の許可(法第58条の3第1項):特定の行為には市町村長の許可が必要です。

7. 田園住居地域内における建築等の規制

田園住居地域は、農業と調和した良好な住居環境を保護するために指定される地域です。ここでは:

  • 建築等の規制(法第52条第1項):農地の区域内での土地の形質変更や建築物の建築には、市町村長の許可が必要です。

まとめ

都市計画制限は、土地利用や建築行為に関する重要な規制を含んでいます。制限に係る詳細な条件はありますが、まずはこれらの制限を理解し、適切に説明を行うことで、トラブルを避け、計画的な土地利用を進めることができます。ご不明点がある場合は、専門家に相談することをお勧めします。