東京都内の行政手続申請、契約書等の書類作成、その他の権利義務・事実関係の証明業務は行政書士たにぐち事務所へ
コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • 無効

タグ : 無効

婚外子(非嫡出子)の法律上の立場

非嫡出子とは 婚姻関係にない男女から生まれた子を婚外子(非嫡出子)と言います。 非嫡出子は母の氏を称し、この場合母親の籍に編製されます。 民法第790条 嫡出である子は、父母の氏を称する。ただし、子の出生前に父母が離婚し …

母子

法人との賃貸借契約

法人との賃貸借契約~規模による違い 最近の法人設立指南書には、個人事業主から法人への変更のメリットとして「自宅を社宅扱いにすることで節税のメリットがある」と書かれているものがあります。 このような流れもあって、契約者がひ …

業者

【図解】借用書があっても困難な貸金の証明

個人間の金銭消費貸借契約は、金銭授受の証明が難しい。 借用書を書いていたとしても、借主がその金額を受け取っていないと言い切ってしまうと、その証明が難しくなることがあります。 会社など法人では、金融機関を経由しますので後の …

金銭消費貸借1

消費者契約法による契約の取消し

事業者に不適切な行為があった場合、契約を取り消せます。 消費者契約法は、事業者の不当な勧誘などにより消費者が困惑・誤認などにより承諾の意思表示を行った場合に取り消し出来ることを規定しています。この法律では下記のように典型 …

立ち行政書士

契約違反による解除

契約を解除するための要件 売主または買主に契約上の重大な違反があった場合、その相手方は契約の解除ができます。しかし、その契約違反の事実から直接、契約の解除が出来るわけではなく、次の要件が必要になります。 ①契約違反の事実 …

すわる行政書士
PAGETOP
Copyright © 行政書士たにぐち事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.