東京都内の行政手続申請、契約書等の書類作成、その他の権利義務・事実関係の証明業務は行政書士たにぐち事務所へ
コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • 注意

タグ : 注意

法人との賃貸借契約

法人との賃貸借契約~規模による違い 最近の法人設立指南書には、個人事業主から法人への変更のメリットとして「自宅を社宅扱いにすることで節税のメリットがある」と書かれているものがあります。 このような流れもあって、契約者がひ …

業者

【図解】借用書があっても困難な貸金の証明

個人間の金銭消費貸借契約は、金銭授受の証明が難しい。 借用書を書いていたとしても、借主がその金額を受け取っていないと言い切ってしまうと、その証明が難しくなることがあります。 会社など法人では、金融機関を経由しますので後の …

金銭消費貸借1

被相続人の確定申告

通常の確定申告とは異なる「準」確定申告 被相続人が死亡した場合、相続が開始されたことを知ったときから4ヶ月以内に所得税の確定申告と納税をしなければなりません。 通常、2月から3月までの間に申告と納税をすることになっていま …

準確定申告

契約違反による解除

契約を解除するための要件 売主または買主に契約上の重大な違反があった場合、その相手方は契約の解除ができます。しかし、その契約違反の事実から直接、契約の解除が出来るわけではなく、次の要件が必要になります。 ①契約違反の事実 …

すわる行政書士

賃貸借契約の連帯保証人

連帯保証人の責任 期間の更新された賃貸借契約の連帯保証人が、「当初の契約期間が終了したので、もう責任はない」と言うケースがあるようです。 この点で、最高裁判所は「当初の契約時に連帯保証人になったものは、更新後も引き続き責 …

怒るおじいさん

土地区画整理事業をめぐるトラブル

土地区画整理事業は長い期間を要するため、土地区画整理組合の構成員が当初と代わる場合があります。 土地区画整理事業の施工区域内の地権者はすべて組合員となるため、施工中に組合員から所有権を取得した者も組合員となるのです。 ト …

おどろく男

行政書士の源泉徴収

他の士業と異なる行政書士の報酬 会社や個人事業主などの源泉徴収義務者が、雇用者に給料などを支払う場合、支払者が所得税を徴収(天引き)して納付しなければなりません。 雇用者への給与だけではなく、士業等に支払う報酬に対しても …

忙しい行政書士

現況有姿売買

不動産売買では、現況有姿売買という言葉があります。(パソコンで現況有姿と変換出来ないので一般では使わないのかな?) これは、境界確定をしないとか、賃借人付きであるとかの「そのままの状態」で売買する場合に良く使います。 売 …

腕組み行政書士

敷地境界

境界を示す標識には色々なものがあり、 金属プレート杭 金属鋲・コンクリート杭 石杭 赤ペンキ プラスティック杭 木杭 と、種類が多く、古いものは目立たなくなっているものもあります。 このような杭は解体工事で消失したり、道 …

立ち行政書士

私道

私道は権利関係や現況が複雑なケースがあり、特に注意が必要です。 私道に接する建物を建築する場合、私道の所有者に「通行掘削承諾書」を取得しなければならない場合があります。これが無いと、工事の進行に支障が出る場合があり、また …

腕組み行政書士

建築基準法上の道路

道路付けは、やはり大事 道路の調査は、不動産の物件調査で最も基本的で重要なことです。 建物は原則として4m以上の「道路」に2m以上接していなければなりません。その道路とは建築基準法第42条に定められています。 色々ごちゃ …

PAGETOP
Copyright © 行政書士たにぐち事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.