東京都内の行政手続申請、契約書等の書類作成、その他の権利義務・事実関係の証明業務は行政書士たにぐち事務所へ
コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • 事実

タグ : 事実

特定秘密保護法の誤解

色々と騒がれている「特定秘密保護法」。 ニュースでは「国民の知る権利が損なわれる」などの懸念が伝えられましたが、 実際のところはどうなのでしょう。 そこで以前より存在していた国民の知る権利に資する法律である「情報公開法」 …

悩む3人

【図解】非嫡出子が嫡出身分を得る。

非嫡出子が嫡出子としての身分を得ることを準正といいます。 準正 上図のように事実婚の男女の間に父親が認知している子がいて、その男女が婚姻を届出ると、認知を受けた子は嫡出子としての身分を得ます。 このような婚姻が準正の原因 …

jijitukonn

婚外子(非嫡出子)の法律上の立場

非嫡出子とは 婚姻関係にない男女から生まれた子を婚外子(非嫡出子)と言います。 非嫡出子は母の氏を称し、この場合母親の籍に編製されます。 民法第790条 嫡出である子は、父母の氏を称する。ただし、子の出生前に父母が離婚し …

母子

内縁・事実婚の法律関係

内縁・事実婚とは 内縁とは外形的に夫婦と変わらない生活をしているが、届出をしていないため法律的に夫婦とはいえない場合を指します。 婚姻の意思はあるが、 ・婚姻適令ではない。 ・再婚禁止期間である。 ・相手方が法律上の婚姻 …

なやむ夫婦

契約違反による解除

契約を解除するための要件 売主または買主に契約上の重大な違反があった場合、その相手方は契約の解除ができます。しかし、その契約違反の事実から直接、契約の解除が出来るわけではなく、次の要件が必要になります。 ①契約違反の事実 …

すわる行政書士

遺贈と死因贈与の違い。

遺贈と死因贈与の違い 遺贈というのは、遺言で他人に財産を与えるという意思表示を行い、遺言者が死亡する事で効力が発生するものです。 遺贈は一方的な意思表示で足り、単独行為と呼ばれています。 対して死因贈与は贈与者の死亡の事 …

立ち行政書士
PAGETOP
Copyright © 行政書士たにぐち事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.