判示事項

 一 謝罪広告を命ずる判決と強制執行
二 右判決は憲法第一九条に反しないか

裁判要旨

 一 新聞紙に謝罪広告を掲載することを命ずる判決は、その広告の内容が単に事態の真相を告白し陳謝の意を表明する程度のものにあつては、民訴第七三三条により代替執行をなし得る。
二 右判決は憲法第一九条に反しない。

参照法条

 民訴法733条,民法723条,憲法19条