判示事項

 公職選挙法(平成六年法律第二号による改正前のもの)一四条、別表第二の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性

裁判要旨

 公職選挙法(平成六年法律第二号による改正前のもの)一四条、別表第二の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下で、平成四年七月二六日の参議院議員選挙当時、選挙区間における議員一人当たりの選挙人数の較差は最大一対六・五九に達しており、違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著しい不平等状態が生じていたものといわざるを得ないが、右較差が右の程度に達した時から右選挙までの間に国会が右議員定数配分規定を是正する措置を講じなかったことをもってその立法裁量権の限界を超えるものと断定することはできず、右議員定数配分規定は、右選挙当時、憲法一四条一項に違反するに至っていたものと断ずることはできない。

参照法条

 憲法14条1項,公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前のもの)14条・公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前のもの)別表第2