こんにちは。
今回より何回かに分けて、印刷データの作り方について書いていきたいと思います。
※印刷データとは言っても家庭のインクジェットプリンタで出力するなら、とくに気にしなくても大丈夫です。今回は「印刷屋さんに渡すデータ」の作り方です。

印刷屋さんに渡す印刷データは、ちょっとした決まりごとがあり、web用の画像みたいに自由ではありませんので、その辺をかいつまんで書いていきます。

まずはカラーモードから。
カラーの印刷データはRGBモードではなく、CMYKモードで作ってください。

モニター(RGBモード)と紙面(CMYKモード)では表現できる色が異なります。
(例えば画面上で蛍光色でも、紙面では再現できませんからね!)

ちなみにRGBは
R・・・レッド
G・・・グリーン
B・・・ブルー
の光の色。

CYMKは
C・・・シアン
Y・・・イエロー
M・・・マゼンタ
K・・・ブラック
のインクの色

です。

今回はA4 (210mm × 297mm)のチラシを作ると仮定して説明していきますね。

まずはイラストレーターのファイルを新規作成します。
イラストレーターの書類設定と用紙サイズはB4にして作りましょう。

・・・B4です。

え?今回A4で作るんでしょ?なんでB4って思った方いると思います。でも今はちょっと流しておいてください。

で次はB4サイズのアートボードのなかにA4サイズの四角を描きます。

o0419026912675269827
つくった長方形を選択して、トリムマークを作成します。

o0419047612675269830

すると、こういうのが出来ました。

o0381052612675269828

印刷屋さんはこのトリムマークで裁断してくれます。

※トリムマークの拡大。

o0278037212675269829
点線で裁断されます。(ピンクの部分が紙面になるんです。)

 

原稿の確認は画面上でわかりにくいミスもあるため、実際に紙面に出力して確認します。
このとき、トリムマークも印刷できるように実際の紙面サイズより大きいアートボードにする必要があるのです。(A4サイズまでしかプリント出来ない場合はプリントオプションで縮小プリントしてもOKです。)

ではつぎに色玉をつけておきます。
色玉はCMYKを表しています。それぞれいろの濃度は100%です。

o0413048712675288265

4色カラー印刷のデータは色別に版が分解されるので、色玉で版の色を判別しやすいようにするのです。
大きさは適当でいいのですが、CMYKそれぞれ100%の濃さにして色で色の頭文字をつけておいてくださいね。

 

そうそう、最初につくったA4サイズの四角はガイドにしておきましょう。
A4サイズの四角を選択して、「ガイドを作成」

o0569064112675279176

これで一応準備ができました。
次は画像の配置について書いていきます。(予定)

o0386055112675290216

ちょっとわかりにくい説明あったら、コメントください!!