ホームページで集客する!という方は、FACEBOOKやTwitterなどのSNSでの拡散も視野に入れていると思います。

できるだけ多くの人に見てもらいたい!とFACEBOOKの「いいね!」ボタンやツイートボタンをつけている方も多いですね!

でもそれだけではあんまり意味がないことを知っている人が少ないと感じたので記事にしてみたいと思います。

例えばある基準を満たしていない記事にAさんが「いいね!」をした場合、基準を満たしていないページに対する「いいね!」はAさんのタイムラインには出てきますが、Aさんの友達のニュースフィードには現れません。(絶対とはいいませんが、現れにくいのは確か。)

Aさんが「いいね!」と思ったページをAさんの友達が見て、そのページにアクセスしないと、アクセスは増えないですよね・・・。
Σ( ̄ロ ̄lll)

SNSとホームページの橋渡しをするメタタグ

ある基準とは、SNSとの橋渡しをしているタグがあるかどうか?というところです。

ご自分のホームページのソースの確認方法

SNSにページがリンクされると、ある程度内容を自動で読み込んでくれるのですが、読み取れない場合は、あんまり拡散してくれません。

橋渡しをする記述のことをOGP(オープングラフプロトコル)といいます。この記述がSNS側にしっかり読み取られれば、「いいね!」した人の友達のニュースフィードに反映されます。

実は簡単に設定できます。

下記の記述がSNSとの橋渡しをするタグです。Wordpressを使っている人はプラグインで自動挿入されるので、全然難しくないですので、ご安心ください!ちなみに僕は「OpenGraphPro」というプラグインを使っています。

 

通常のホームページで運用している方は、
ページの最初に<html xmlns:fb=”http://ogp.me/ns/fb#” lang=”ja” xmlns:og=”http://ogp.me/ns#” xmlns:fb=”http://www.facebook.com/2008/fbml”>を差し込んで、、

<Head>~</head>の間に下のコードをコピペして、必要な部分を書き換えればOKです。※すいません、ここは自己責任で・・

 

①<meta property=”og:title” content=”ホームページで集客する!という方は・・・” />
②<meta property=”og:site_name” content=”士業のためのデザイン講座” />
③<meta property=”og:description” content=”ホームページで集客する!という方は、FACEBOOKやTwitterなどのSNSでの拡散も視野に入れていると思います。 できるだけ多くの人に見てもらいたい!とFACEBOOKの「いいね!」ボタンやツイート…” />
④<meta property=”og:type” content=”article” />
⑤<meta property=”og:url” content=”http://taniguchi-office.net/design/?p=616″ />
⑥<meta property=”og:image” content=”http://taniguchi-office.net/design/wp-content/uploads/2014/03/OGP_design600x600.jpg” />
⑦<meta property=”fb:admins” content=”100003387877751″ />
⑧<meta property=”fb:app_id” content=”445930342165310″ />

この記事に「いいね!」すると、上の①から⑧までがFACEBOOKで反映されます。

 

実際にこのページに「いいね!」して確認してくださいね!(宣伝!ヾ(・・;)

①は記事のタイトル
②はサイトのタイトル
③は記事の説明文
④は記事のタイプ「article」はブログとかに対応してます。
⑤は記事のURL
前回の記事で説明した、SNSにリンクされたときに反映する画像です。
⑦はFACEBOOKの管理者IDです。

管理者IDの確認方法

僕のFACEBOOKのプロフィールページを使って説明します。

https://www.facebook.com/takumi.taniguchi1

https://graph.facebook.com/takumi.taniguchi1

「www」を「graph」に変えてみると、IDがわかります。

{
   "id": "100003387877751", ←ここがIDです。
   "name": "\u8c37\u53e3 \u5de7",
   "first_name": "\u5de7",
   "last_name": "\u8c37\u53e3",
   "gender": "male",
   "locale": "ja_JP",
   "username": "takumi.taniguchi1"
}

⑧は橋渡し用のアプリを作ります。アプリといっても難しい操作をするわけではないので、安心してください。
単に、自分のFACEBOOKと、ホームページを紐づけるための仕掛けと思ってください。

⑧は画像入りで説明したいので、次回に!!