ずっと疑問に思っていた、「4月1日生まれはなぜ早生まれか?」

その理由は「学校教育法」と「年齢計算に関する法律」によるようです。

 

学校教育法第17条

保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。ただし、子が、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまでに小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了しないときは、満十五歳に達した日の属する学年の終わり(それまでの間において当該課程を修了したときは、その修了した日の属する学年の終わり)までとする。

学校教育法第17条によると、「満六歳に達した翌日以後における最初の学年の初め」から小学校に入学することになります。

 

学校教育法施行規則第五十九条

小学校の学年は、四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わる。

学校教育法施行規則によると、学年は4月1日から3月31日となっています。
そうすると、
「満六歳に達した翌日以後における最初の学年の初め」は

「満六歳に達した翌日以後における最初の4月1日」と読むことが出来ます。

 

では、4月1日生まれの人は、いつ満六歳になるか?

年齢計算に関する法律によると、

「年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス」と規定されており、初日参入の計算方法になっています。この方法によると、4月1日生まれの人が満六歳になるのは3月31日24時ということになります。

4月1日生まれの人は3月31日24時に歳を取るので、歳を取る日付としては3月31日になります。
感覚的には3月31日24時=4月1日0時なんだけども、法律的には意味が変わってくるというひじょーにデリケートな解釈ですね。

ですから、6歳に達した日付が3月31日で、その翌日が、4月1日になります。

学年

図のように、平成20年4月1日生まれの子は今年4月1日になる直前に満6歳を迎えたので、本年度入学に滑り込むのです。

また平成20年4月2日生まれの子は今年4月1日24時で満6歳を迎えたので、今年4月1日0時時点ではまだ満5歳でした。

つまり平成20年4月2日生まれの子が、満6歳に達して4月1日0時を迎えるのは来年度になってしまうのです。

うーん。複雑…