道路付けは、やはり大事

道路の調査は、不動産の物件調査で最も基本的で重要なことです。

建物は原則として4m以上の「道路」に2m以上接していなければなりません。その道路とは建築基準法第42条に定められています。

色々ごちゃごちゃ書いていますが、まとめると、幅員が4m以上ある下記1〜5の道路に2m以上接道していれば建築物を建てることができます。

1 国道、都道府県道、市町村道など、道路法による道路
2 都市計画法などの法律による道路
3 この法令の適用時にすでに存在していた道
4 道路の新設・変更の事業が2年以内に予定されている道路で、特定行政庁の指定を受けたもの
5 法令の基準に適合し、特定行政庁から位置の指定を受けた道

しかし住宅街を歩いていると、とても4m以上の幅員が無いところに建物が建っているのを見ることができます。

これは建築基準法第42条2項の道路の可能性が高いです。いわゆる2項道路です。
みなし道路とも呼ばれますが、これは現況が4m以下でも4mの幅員があるものとみなされた道路です。

この道路に接している建物は、建て替えの際に自分の土地を道路として提供しなければなりません。

これはセットバックと呼ばれるものですが、どのくらい後退するのかは、道路の中心によって決まります。
ですからセットバック前の土地で建築プランをしていると、中心線の位置によってはそのプランどおりに建築できません。

同じ道路に接している新しい建物があれば、中心線がすでに決まっている可能性があります。建築計画概要書が照会できますので、それを見ればどの位セットバックすべきなのか大よその予測が出来ます。

見た目が道路のようでも、ただの通路であったり、水路であったりすることもあるので、ご注意ください。