道路の幅員による建築制限

前面道路の幅員が12m未満の幅員の場合
・都市計画で指定された容積率(指定容積率)
・前面道路の幅員に一定の数値を掛けたもの
以上のうち小さい値が容積率の上限となります。

この一定の数値とは、
住居系用途地域・・・0.4
その他の用途地域・・・0.6
※住居系とは第1種「住居」地域や準「住居」地域など用途地域名に「住居」と書かれているもの全て指します。

このように前面道路が4mの場合
4m×0.4×100%=160%
指定容積率200%>160%ですので、この敷地の容積率の上限は160%になります。

角地で幅員が異なる道路に接している場合は、広いほうの道路を基準に算定します。