境界を示す標識には色々なものがあり、

金属プレート杭
金属鋲・コンクリート杭
石杭
赤ペンキ
プラスティック杭
木杭

と、種類が多く、古いものは目立たなくなっているものもあります。

立ち行政書士このような杭は解体工事で消失したり、道路上の境界標は舗装工事で隠れたりする恐れがありますので、工事担当者に杭の位置を示して注意を促すなど、隣地とのトラブルの原因を作らないよう努めなければなりません。

古い境界の場合は、塀の下に潜り込んでいたり、地中に埋もれていたりするので、資料だけではなく、必ず現地で目視することが重要です。
塀の上に境界線がある場合は、塀の所有や管理方法の確認も調査を怠らないようにすべきです。