隣地高さ制限の目的

隣地高さ制限の目的は、高い建築物が無秩序に建てられて、隣地の日照や採光、通風に悪影響が出るのを防止することです。

隣地高さ制限は下の図のように原則として31m(住居系地域では20m)を超える建築物に適用されます。

隣地高さ制限の緩和

なお、建物の壁面を境界線から後退させることで、その距離だけ斜線の基点を隣地側にずらすことができます。
また、隣地が公園の場合も緩和措置が用いられます。

※第一種、第二種低層住居専用地域は10mまたは12mの高さ制限があるため、隣地高さ制限はありません。