道路高さ制限の目的

道路高さ制限の目的は、市街地の採光、通風をよくし圧迫感をなくすことで良好な街並み・環境を保つことです。

下の図のように、前面道路の反対側境界線から敷地に向かって一定の勾配で引いた斜線の下側にしか建物を建てられません。

道路に面して高い建物が建っていると圧迫感があります。
この道路高さ制限は道路面から離れるほど緩和されていきますので、圧迫感をなくしつつ、高さを活かした建物を建築するために必要な規制と言えます。

道路高さ制限の緩和

なお、道路境界線から建物の外壁を後退して建築する場合や、道路の反対側に公園がある場合など、周辺環境によって道路高さ制限を緩和する措置があります。