連帯保証人の責任

怒るおじいさん期間の更新された賃貸借契約の連帯保証人が、「当初の契約期間が終了したので、もう責任はない」と言うケースがあるようです。
この点で、最高裁判所は「当初の契約時に連帯保証人になったものは、更新後も引き続き責任を負う」と判断しています。

実際の現場でも、当初の契約時には連帯保証人から連帯保証人引き受けの承諾書に実印と印鑑証明書をもらいますが、更新時はこのような手続を行っていないことが多いです。

定期借家の場合は事情が異なりますのでご注意ください。