責任無能力者の監督責任
家族

責任能力のないものは、文字通り責任を負う能力がありません。
責任能力のない未成年者が他人に損害を加えても、賠償の責任を負わないのです。

しかし、民法第714条に次のような規定があります。

第714条(責任無能力者の監督義務者等の責任)
前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

2.監督義務者に代わって責任無能力者を監督する者も、前項の責任を負う。

例えば親子の場合、責任能力のない子が起こした不法行為で他人に損害を与えた場合は、保護者がその損害賠償の責任を負います。

次に但し書きに注目します。
「ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。」
保護者が、責任無能力者の行為に対する監督を怠っていなかった、またはいくら監督しても起こる損害だったことを証明すれば、保護者は損害賠償の義務を負わないというものです。

一般的に、不法行為の損害賠償請求では、被害者の方が立証義務を負います。
責任無能力者にどのような損害を与えられ、責任無能力者に監督すべき保護者がいることは被害者に立証義務があります。

しかし、但し書きの監督責任については、保護者が立証しなくてはなりません。
訴えを起こされたときに、子の行為に対して監督責任を備えているかという証明をできるか?これはけっこう難しい問題です。

責任能力はいつから生じるか

青い子供

刑事責任とことなり、民事責任は明確に何歳から責任能力をそなえるか明確にしていません。
大まかには中学生くらいから責任能力が生じると言われています。

例えば高校生が不法行為によって他人に損害を与えた場合、高校生は責任能力があるとみられるので、本人が損害賠償の責任を負うはずです。

しかし、高校生が損害賠償の責任を負っても、支払い能力は期待できません。
被害者は泣き寝入りでしょうか?

こういう法律の隙間に対する判例があります。
高校生の例でいうと、「未成年者に対する保護者の監督義務違反と、未成年者が起こした不法行為に相当な因果関係」があれば、保護者に対しても不法行為責任がおよび損害賠償責任を負うものとしています。

これから夏休みに入り、子供たちだけで遊ぶこともあると思います。
子供だけで花火をして火事を起こしたりしたら親の責任になりますから、空き地など近くにある方は注意してくださいね。