親等の計算

1親等、2親等、3親等、「親等」はよく耳にしますが、どうやって数えればよいのでしょう。

民法では次のように規定しています。

民法第726条
1,親等は、親族間の世代数を数えて、これを定める。
2,傍系親族の親等を定めるには、その一人又はその配偶者から同一の祖先にさかのぼり、その祖先から他の一人に下るまでの世代数による。

親や子は世代数を数えるだけなので、複雑ではありません。
「傍系親族」とは兄弟姉妹やその子孫のことを言います。傍系親族の親等を数えるときは「共通の祖先」まで一旦遡って計算します。

祖母の親等

親等の数え方1
祖母は世代を遡って数えるだけです。「2親等」ですね。

姉の親等

親等の数え方2
姉の場合は、共通の祖先である、自分の親を経由します。姉は「2親等」です。
ちなみに「甥」は姉から一世代離れるので、「3親等」です。

叔父の親等

親等の数え方3
叔父の親等は共通の祖先である祖父母の所まで一旦数えて、一世代プラスされます。
祖父母までが2親等でさらに一世代下がるので、叔父は3親等です。

ところで配偶者側の親族の親等はどう数えるのでしょう?
親等を数えるときは「配偶者=本人」と考えて大丈夫です。
上の図で本人から数えた親等を紹介しましたが、配偶者から見ても同じ親等であるということです。
(本人からみた祖母が2親等なら配偶者からみても2親等)