東京都内の行政手続申請、契約書等の書類作成、その他の権利義務・事実関係の証明業務は行政書士たにぐち事務所へ

知的財産権に関する手続

知的財産権に関する手続を承ります。

立ち行政書士産業財産権(特許権・実用新案・意匠・商標)の権利の設定は弁理士の業務ですが、登録の移転、変更申請手続や権利譲渡契約、実施権許諾契約書の締結などは行政書士の業務として承ります。
その他、著作権周りの手続として著作権登録のほか、著作権譲渡契約、利用許諾契約などを承ります。

著作権は、登録することで権利が発生する産業財産権と異なり、登録や表示を要せず著作物を作成したときに権利が発生します。
しかしその権利を他人に主張する場合は、登録していることが必要になります。

また登録まではしなくとも、簡単な覚書を取交わしておくべき場面は多くあります。例えばチラシのための作成したイラストをポスターに転用された場合などは、クライアイント側に強く言えないこともあり泣き寝入りすることも多いと思います。
このような場合に定型の覚書を作っておき、「ウチはこの覚書を付けて納品する様にしているんです。」とルーチンワークであることを強調することで角が立たなくなります。

著作権は抽象的でわかりにくい権利ですので、自覚無く侵害していることも多いです。そのため守りたい権利は自己に権利があることを明記しておかなければなりません。
文面にしておくことは、トラブル防止に有効な手段です。気になったらご相談ください。

コラムも併せてぜひご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 行政書士たにぐち事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.