生命保険の受取金に掛かる税金は、ケースにより変わります。

便宜的に、登場人物を「夫」「妻」「子」とします。

 

ケース(1)
生命保険1

契約者が「夫」 で夫が死亡した場合に「妻又は子」が保険金の受取人になっている場合。
この場合は、受け取った保険金はみなし相続財産として相続税の課税対象になります。

 

ケース(2)
生命保険2

「妻または子」が保険契約者で、「夫」が死亡したときに「妻または子」が保険金を受け取る場合。
この場合は、受け取った保険金は所得税の対象となります。
保険金全部が課税対象になるわけでなく、払ってきた掛け金を控除し、さらに係数をかけて軽減したものが課税対象になります。

 

ケース(3)

生命保険3

「妻」が保険契約者で「夫」が死亡したときに「子」が保険金を受け取る場合。
この場合は、受け取った保険金には贈与税が課税されます。

 

以上3つのケースを挙げました。
今回は3人限定のパターンで紹介しましたが、登場人物の構成はこの他にも考えられます。

 

ケース(1)は相続税

ケース(2)所得税

ケース(3)贈与税

となります。
同じ保険金額なら相続税がもっとも税額が低く、贈与税がもっとも税額が高いので、受け取る生命保険金の税金が相続税にならないと思われる場合は、加入している保険会社に相談したほうがよいでしょう。

税額の高い順 贈与税>所得税>相続税 ですよ!