bike_man先日普通自動二輪免許を取得し、125ccの原付二種のバイクに乗る予定です。
近頃よく見かける「黄色ナンバー」「ピンクナンバー」の原付二種にはメリットがいっぱいあります。

なぜそんなメリットが生じるのか?法律的に明かしていきます!!

ちなみに黄色ナンバーとピンクナンバーは税金の区分の違いでどちらも原付二種という扱いです。
黄色(50cc~90cc未満)
ピンク(90cc~125cc未満)

原付二種のメリット

原付二種のメリットは、

①通常の原付のような30km制限がなく、二段階右折をしなくてもよい。二人乗りも出来るよ!
②ファミリーバイク特約を利用でき、自賠責保険が普通の原付と同額。維持費激安!

その他、駅の駐輪場は125ccまでの所が多い。などのメリットがあります。

なぜそんなメリットがあるのか?法律的な見方をすると

50ccのバイクと125ccのバイクは法律によって扱いが変わります。

結論から言うと、

道路交通法上での原付バイク(原動機自転車)とは50cc以下のものを指します。(50cc以上が自動車扱い)
道路運送車両法での原付バイク(原動機自転車)とは125cc以下のものを指します。(125cc以上が自動車扱い)

道路交通法の原付の定義
道路運送車両法の原付の定義

 

道路交通法は、文字通り道路の交通に関する決まりで、道路運送車両法は、車両の登録や、車検整備についての決まりです。

道路交通法と道路運送車両法とで、原付の定義が異なることによって、上記①②のメリットが生じています。(イイとこ取り!)

つまり125ccなら法律上、

道路を走るときは「自動車のルール」!車両を所有するときは「原付のルール」!(なんて、おいしい…)

 

ただし、自動車専用道路や高速道路は自動車しか通行できませんが、ここでいう自動車とは「道路運送車両法」の定義が用いられます。
125ccは原付の扱いになるので、通行できません。