法定相続分??

被相続人が遺言を残さずに亡くなった場合、相続の割合は民法で定められています。

その相続の割合を法定相続分と言います。

 

 配偶者と子供が相続する場合

法定相続1

配偶者と、子供2人を残して亡くなったケースです。

配偶者が1/2、子供2人で1/2の財産を相続します。
※この例では子供2人で1/2の財産を相続するので、1人あたり1/4の相続分です。

 

配偶者と被相続人の親が相続する場合

法定相続2

配偶者と、被相続人の両親を残して亡くなったケースです。

配偶者が2/3、両親で1/3の財産を相続します。
※この例では親2人で1/3の財産を相続するので、1人あたり1/6の相続分です。

 

配偶者と兄弟姉妹が相続する場合

法定相続3

配偶者と、被相続人の兄弟姉妹を残して亡くなったケースです。

配偶者が3/4、兄弟姉妹で1/4の財産を相続します。
※この例では兄弟姉妹2人で1/4の財産を相続するので、1人あたり1/8の相続分です。

 

法定相続分で分ければ円満か?

法定相続分で分けられるのであればいいではないか?と思うかもしれませんが、相続されるのはプラスの財産もあればマイナスの財産もあり、また金銭のように単純に分割できない財産もあります。配偶者と子供だけの相続ならまだマシかもしれませんが、長く顔を合わせていない兄弟が複数いたりすると、遺産分割の際に紛争になるケースも多いようです。

法律では数字でキッチリと規定されていますが、それに任せているとキッチリ行かないのが相続。

自分には関係ないと思っている人こそ相続紛争に巻き込まれる事が多いようですので、他人事とは思わないでくださいね!