デスク行政書士都市計画には建ぺい率、容積率が指定されています。
例えば、敷地面積100㎡で、建ぺい率60%、容積率200%のエリアの場合。
計算上は建築物の水平投影面積で60㎡まで、延べ床面積は200㎡までということになります。この制限は結構なじみ深いと思います。

この考えで言えば、100㎡の土地に水平投影面積で40㎡の建物であれば、5階建てまで建築できそうなものです。
しかしなかなかそのような建物は建てられません。というのもその他の制限として道幅に対する制限、高さに対する制限があるからです。

様々な建築制限

道幅に対する制限
・12m未満の道路に対する容積率の制限

高さに対する制限
・道路高さ制限
・隣地高さ制限
・北側高さ制限
・日影制限

これらの制限の意図を知っていれば、例えば中高層マンション用地取得の依頼があった場合、建ぺい率80%、容積率が600%の商業地域の物件が見つかったとしても、北側に住居地域が広がっているエリアは取得の対象になりにくい等の判断ができるようになります。