短期賃貸借の保護規定廃止

すわる行政書士抵当権執行を妨害するなどの権利濫用の問題や不良債権処理の迅速化の要請もあり、
短期賃貸借の保護規定は廃止されました。その結果、建物賃貸借契約の賃借人は競落人に賃借権を対抗できなくなりました。

差押え、仮差押と強制競売

腕組み行政書士差押え、仮差押がなされた物件は競売中または競売に移行する可能性があり、賃貸物件としては危険な物件です。
また、代位弁済や債権譲渡で抵当権が移転されている場合も、競売手続が開始される恐れがあります。
賃貸借契約に先立って登記簿を確認し賃借人に説明しなかった結果、損害賠償を請求されたケースもありますので、十分な注意が必要です。