定期建物賃貸借契約とは

業者定期建物賃貸借は「定期」という文字通り期限が決まっている契約です。
契約期間が2年間であれば2年間で終了します。
この期間を経てさらに長い期間賃借しようと思ったら、「更新」ではなく「再契約」をします。

普通賃貸借と異なる注意点

期間を経てさらに長い期間賃借する場合、「更新」ではなく「再契約」になりますので、再度、重要事項説明が必要になり、更新料ではなく媒介手数料がかかります。
また、普通建物賃貸借の連帯保証人の場合と異なり、再契約のたびに連帯保証人引受けの手続を取らなければなりません。