土地区画整理事業とは

デスク行政書士土地区画整理事業とは、道路、公園などを整備し、土地の区画を整え、利用価値の増進を図る事業です。

元々公共施設が少ない地域で道路や公園を整備しようとすると、当然ですが土地が足りなくなります。
土地区画整理事業では地権者が少しずつ土地を提供し、道路や公園などの用地に充てることになりますので、土地区画整理前と土地区画整理後では宅地の面積は減少することになります。

地権者のメリット

地権者は前述のように土地区画整理後には従前より小さくなりますが、道路や公園が整備され区画の整った土地を手に入れることができます。
また、補助金や助成金の利用は、宅地の整備などに掛かる資金への充当を介して地権者に還元されます。

土地区画整理事業のイメージ

土地区画整理事業前

土地区画整理事業前

仮換地の指定

仮換地の指定


土地区画整理後

土地区画整理後

保留地とは

上の土地区画整理後の図に「保留地」というものがあります。保留地とは売却して土地区画整理の事業費に充てられる目的を以って作られます。
地権者が土地を少しずつ提供して事業用地に充てることを減歩といいますが、保留地も減歩によって作られます。