北側高さ制限の目的

北側高さ制限の目的は、住居専用地域で、敷地の北側の土地に日照・採光を確保することです。
下の図のように、北側隣地の境界線から真南にむかって一定の勾配で引いた斜線の下側に建築物を収めなければなりません。

他の高さ制限との違い

道路高さ制限や隣地斜線制限と異なり、境界線から真南に向かって斜線を引くことになっています。北側隣地が公園や広場であっても北側高さ制限には緩和措置がありません。これも他の高さ制限と異なるところです。(北側隣地が水面や線路敷きの場合は緩和措置があります)

斜線の起点は原則的に隣地との境界線ですが、北側が道路の場合は道路の反対側が起点になります。